三重県多気郡多気町仁田すかや呉服店の振袖コレクション

すかや呉服店、三重県多気郡多気町仁田にある創業天保11年のすかや呉服店のサイトです。振袖、お茶席のきもの、おしゃれきもの、メンズオーダースーツの紹介やすかや呉服店のサービス・イベント情報などをご紹介いたします。

お召しになる方の人生を彩る日本の伝統

着物イメージ画像

今見直されつつある日本の伝統

着物は高価で高級であればいいというわけではなく、お召しになる方の人柄や、品格を表します。

染織の技術や素材を知り尽くしたすかやならではの 審美眼で選び抜いた着物と帯は、永年の愛着に堪え、お召しになる方の魅力を 内面から引き立てる作品を厳選しています。

品と格で選ぶなら、ぜひすかやの着物を一度ご覧下さい。

訪問着

訪問着イメージ画像

未婚、既婚を問わず着られ、紋を付ければ色留袖と同格となります。

紋が付くと、かしこまりすぎてしまい、着る場所が限られてしまうので、格式高く着るのではなければ紋はなくてもかまいません。

なんといっても華やかに装える訪問着。 結婚披露宴やクラス会、お見合い、お茶会、他家への訪問、はたまた園遊会出席まで社交的にな場面にはぴったりです。

留袖

留袖イメージ画像

既婚女性の第一礼装で黒留袖と色留袖があります。

【黒留袖】
黒留袖は、染め抜きの日向紋5つ、江戸褄模様、総比翼がついたものが一般的で、用途は祝賀用となります。身内の結婚式や仲人の席など、立場の重い列席者となる場合、着用します。

【色留袖】
色留袖は結婚披露宴に招かれたときや初釜のときなどに着用します。 色留袖の場合は、黒留袖よりは軽くなり紋も3つ紋の場合が多いようで、昔ほどこだわらなくなりました。紋を付けずに訪問着の様に着ることもあります。

小紋

小紋イメージ画像

着物全体に同じ模様が繰り返し描かれていて、一方向に柄を繰り返しているきものです。



ほとんどの小紋が型染めといった柄付けの技法で作られています。 カジュアルタイプから華やかなドレスアップタイプまで、幅広く活用できるのが小紋の着物です。

お稽古事や街着にちょうど良く、ドレスアップしてちょっと華やかな場にも着ることができます。

ページトップへ